Landlog

業界内外の、より多くの
パートナーとともに、
土木・建設の生産プロセス全体に
変革を創出。

新たな価値創造に向けた3つの取組み

image
1

見える化
IoTソリューション活動

単純な「モノ」データから、
価値ある「コト」データへと昇華

建機のみならず、環境・地形・資材・スタッフといった建設生産に関わるすべての「モノ」から得られるデータ(電源のON/OFF、回転数、位置情報といったデータ)をLANDLOGに収集します。LANDLOG上に蓄積された、建設現場の様々な「モノ」データを解析し、地形の変化量、スタッフの作業内容といった価値ある「コト」データに加工します。それらの「コト」データを各種のアプリケーションによって可視化することで、より利用価値の高い情報として利用することができます。

imageimage
image
2

アプリプロバイダー向けサービス活動

オープン化でプロバイダーの参画を促し、
イノベーションを加速

「情報の収集・蓄積・解析の機能 」をオープンにすることで、アプリプロバイダーが参入しやすい環境を提供します。多種多様なプロバイダーが得意分野を活かしたアプリケーションを開発・実装することができるプラットフォーム。それが「LANDLOG」です。新たなアプリケーションにより、業種業態を超えた連携が可能となり、土木・建設業界に対する課題解決がよりスピーディーに、かつ、これまでなかった新たな価値を持つサービスの誕生が期待できます。

imageimage
image
3

ランドログパートナー活動

ともに協働し、共生・共栄をめざす。
多様なパートナーと築くエコシステム

直接的に建設生産プロセスに携わる企業はもちろん、間接的に関わりを持つ異業種企業や、アプリプロバイダーなど。土木・建設業を支えるエコシステムは多岐にわたります。ランドログは土木・建設業を支えるために、すべての力を結集、一丸となる“場”としてのプラットフォームとしても機能するべく、様々な活動をしています。

エコシステム全体での持続的な発展と協業