Landlog

ジェネレーション-アイ

Generation-Eye


スマートグラスカメラでリアルタイムに
映像を共有できる遠隔作業支援ソリューション。

サービス概要

遠隔作業支援ソリューション「Generation-Eye」(G-eye)は、スマートグラスのカメラを活用することで、オペレーターの目があたかも現地にあるかのように遠隔地からの作業の支援を実現します。スマートグラスで撮影された現場視点の映像を、現場の管理室や本社・支社など、どこでも共有することができるので、移動時間なしで作業の指示やサポートが可能。時間と労力を大幅に削減することができ、建設現場の生産性向上に貢献します。

Generation-Eye

国土交通省新技術登録システムNETIS登録

NETIS登録番号:KT-190074-A
新技術名称:遠隔作業支援ソリューションGeneration-Eye

NETIS登録された技術を使うことで、国や地方自治体が発注元となる公共工事に際し、登録技術の活用を提案すると工事成績評定での加点の対象となります。また使用した結果が良好な場合はさらに加点されます。(企業の技術力,技術提案,環境配慮等の項目)

サービス特長

遠隔作業支援に必要な機能をパッケージ化
遠隔作業支援に必要な機能を、あらかじめ具備しています。
【主な機能】カメラ映像共有/静止画・動画撮影/VoIP(音声通話)/指示(指さし・赤ペン)/資料・URL送付など
建設会社が作った強み
多くの施工実績のある建設会社が作ったサービスなので、現場目線の対応や現場に寄り添ったアドバイスなどができます。
商品すべてがレンタル可能でコスト削減に貢献
スマートグラス・ポケットWi-Fi・パソコンなどすべてレンタルのため、インターネットに接続できる環境があればサーバの構築などをしなくても、発注から1週間程度で手間なく簡単にスタートできます。
現場力向上と創意工夫のポイントアップ
スマートグラスを使うことで現場力(技術力・知識力・経験力)の向上が図れます。また、安全管理・品質証明・創意工夫のポイントアップが期待できます。

サービス紹介動画

ご利用方法

G-eyeは誰でも簡単にご利用いただける仕様です。使いたい場面ですぐに接続ができるので日常的にご利用いただけます。作業者はG-eyeを起動する度にランダムに表示される4桁の番号を指示者に伝え、指示者がその番号を入力してサポートを開始します。ログインが不要で事前の準備などの手間もなく、すぐに利用したい場合に便利です。

Generation-Eye

本サービスに関するお問い合わせ

G-eyeは、Atos株式会社様と、Atos株式会社様の代理店様で取り扱っております。
以下のお問い合わせフォームからお申し込みください。

お申し込みはこちら >

関連情報

Generation‐Eyeの商品紹介ページはこちら >
Atos株式会社様のホームページはこちら >

  • ※ 製品・サービスの内容は、予告なく変更となる場合がございます。 
  • ※ 掲載の映像・画像には、開発中のものやイメージも含まれます。 
  • ※ 掲載されている各社の社名・商品名は各社の商標・または登録商標です。