Landlog

LANDLOG ERP(開発中)


経営管理情報を一元管理して見える化し、
さらなる生産性向上を推進するソリューション。

「LANDLOG ERP」は、株式会社NTTドコモとSAPジャパン株式会社が共同で検討する、中小・中堅建設企業向けクラウド型のERPです。

NTTドコモとSAPは、実際に工事が行われている建設現場だけでなく、企業を支える経営管理に関する様々な業務を統合基幹システムの提供により支援することで、建設業界全体の底上げを実現し、より魅力のある未来の建設業界をめざす取り組みを推進しています。

サービス概要

「LANDLOG ERP」とは、各々が独立している、工事原価管理・財務会計・販売管理・購買管理・顧客管理などの経営管理情報をクラウド上で一元管理することで、建設業界における経営の見える化を解決し、さらなる生産性向上を推進するソリューションです。

工事の進捗状況をプロジェクト管理システムや会計システムにリアルタイムに反映し、月中での予算進捗状況をリアルタイムに確認できる機能を提供します。

LANDLOG ERP

これらは、SAP Business Oneをベースに建設業界特有の会計機能を追加開発し、中小・中堅建設企業が導入しやすい形での提供をめざしています。

建設業の経営環境が抱える課題

ランドログが提供するオープンIoTプラットフォームは、建設現場の様々なデータを収集し、建設生産プロセスの向上を実現することをめざしています。一方建設業では、建設現場だけではなく、バックオフィスでの各業務も一元的につながっていないという課題があります。

LANDLOG ERP

LANDLOG ERPにより中期的に現場のICT投資を加速

日本の建設業の9割が中小事業者である業界構造に加え、労働力が減少していくという建設業の課題(https://www.landlog.info/about2/)の対策のひとつとして、建設現場のICT化が促進されています。その一方で、地場元請、建設業の方々から、「現場ICTに投資する前にやることがある」という声があることも事実です。そうした声に応えるべく「LANDLOG ERP」を通じて建設業全体の経営改革を実現させ、建設現場へのICT投資を加速させます。

開発コンセプト

会社経営を見える化するツールは競争領域ではない
「建設業の業務を共通化(標準化して提供)する」ことにより、非競争領域への投資の削減を実現します。
建設業バックオフィスにおける課題認識と解決方法の提案
ドコモとSAPが考える、建設業の経済価値向上に必要な課題を解決するために必要な機能を実装します。
クラウドERPによる建設業界の底上げを実現
必要な機能を絞り込み、業務プロセスを非競争領域とすることで、統合基幹システム導入の価値を、安価にご体験いただけるようにします。
建設業のバックオフィスを支える女性社員活躍の実現
クラウド化された仕組みにより、時間と場所を選ばない働く環境を提案し、女性が継続的に会社利益に貢献できる世界観を実現します。
建設業を「現場と経営の両輪で支える」ランドログ
i-Constructionを現場ICTで実現しているランドログ。ERPにより経営改革から建設業を支えるランドログ。ランドログは、現場と経営の両輪で建設業の改革を実現します。

ご利用料金・提供時期

2020年度下期を予定しております。
提供価格は未定です。(2020年9月時点)

関連情報

LANDLOG ERPに関するニュースリリースはこちら >

  • ※ 製品・サービスの内容は、予告なく変更となる場合がございます。 
  • ※ 掲載の映像・画像には、開発中のものやイメージも含まれます。 
  • ※ 掲載されている各社の社名・商品名は各社の商標・または登録商標です。